グラブルがなんもわからない初心者のためのささやかなサイト

グラブル 初心者向け

【超初心者向け】島ハード・島マグナを日課にする

投稿日:2020年10月29日 更新日:

どうも、ししくらです。

ランク50前後の初心者騎空士向けの記事です。

各マルチバトルの攻略はいろんな記事があるので省いており、日課として処理するための考え方やTIPS的なことを書いていきます。

島マグナの解放

メインクエスト44章クリアで、マルチバトルリストの星2欄(通称:島マグナ)に挑戦できるようになります。

真ん中のやつ

強くなるためには避けて通れないので、できる限りはやく挑めるようにしましょう。44章クリア時点の戦力を考えるとマグナはめちゃくちゃ強いので自力で倒すことはまだ考えなくていいです。

マグナへ挑戦するには、先に島ハードを解放してクリアしておく必要があるので、まだやっていない人は先に島ハードをやってしまいましょう。

島マグナへの挑戦

島マグナの自発にはトレジャーが必要になります。
対象マグナのマグナアニマです。マグナアニマは島ハードでドロップします。

戦力強化の第一歩としてマグナにはできる限り毎日挑戦したいので、間接的に島ハードも毎日自発することになります。辛いですね。

しかもマグナアニマはキャラの上限解放にも使います
しばらく足りない時期が続くはずですので、頑張って周回しましょう。

マグナアニマが足りないとマグナは自発できません。挑戦できない日もでてきてしまいますが、はじめのうちは仕方ないものと割り切りましょう。

挑戦できない日を少なくするためにも、最低でも島ハード全消化は日課にしておくべきです。

できる限り楽にマルチクエストを消化する

マルチバトルを毎日こなすのは正直なところ苦行大変です。
マグナともなるとかなりキツイかと思います。

辛い思いをし続けても面白くないので、自力で倒せなかったり忙しい場合には、できる限り楽に攻略する方法を考えましょう。

SSRヨダルラーハを仲間にする

島ハードのみですが、とても楽になる方法です。

彼を編成してAT(アサルトタイム)に挑戦、攻撃ボタンを押せば奥義の追加効果でほぼ一撃必殺です。

セレストだけは耐えますが、ほぼ削りきってくれるので大幅な時間短縮になります。

頼れる爺

フレンドに倒してもらう

強い友達に救援に入ってもらい、さっさと倒してもらいましょう。
知り合いに限らず倒せれば良いわけなので、とりあえず救援はガンガン出しましょう。

Twitter救援も併用するとより人が入ってきやすくなりますので、設定しておくのもおすすめです。

強くなって瞬殺できるようにする

極論ですが、自分が強くなれば1ターンで片付きます。

後々楽をするために今の苦行に耐える、という何かの修行かとも思える理論ですが、事実強くなってしまえばこの辺は即処理できるようになります。

強くなりましょう(迫真)

島ハードもマグナも、結局は倒してもらうか自分が強くなって倒すかしかありません。

マグナから武器や召喚石を集め、強化が進めばそれなりに戦えるようになってきますでの、それまでは前述の通りあまり一人で倒そうとは考えず、できる限り楽に処理してしまえばいいと思います。

石のドロップが最高~

ちなみに、全マグナをクリアすると新しいマルチが解放されます。

黒銀の翼…いったい何ムートなんだ…

これはしばらく関係ないですね。

とりあえず島ハードは毎日全て処理、できるだけマグナも処理する、ってだけを意識してみてください。

シュヴァリエマグナには要注意

島マグナの中で注意しないといけないのがシュヴァリエマグナです。

他は適当に殴って自分がやられてしまっても誰かしら片付けてくれますが、シュヴァリエマグナは対策なしに攻撃するとダメージカットを貼ってきます

これがまた厄介で、こちらの攻撃を90%減らすという代物です。

攻撃がほぼ通らなくなってしまうので、1ターンで倒せる上級者でも倒せなくなってしまいます。

ですので、自分で戦うときにはアビリティや召喚石のみでダメージを与えるだけにするか、「ディスペル」を打つ→通常攻撃でカットを解除する、という対策が必要になります。

もし自前でディスペルを用意できない場合には、敵HPが50%以下になるまで攻撃ボタンを押さないことだけを覚えておきましょう。

稀にですが、無責任な人や何も知らない人が攻撃してしまう場合もあるので、シュヴァリエマグナだけは、できれば信頼できる人に倒してもらうのが安心です。

確定流しについて

ある程度戦力が整ってきてからの話になりますが、効率的にアイテムを集めるテクニックに確定流しというものがあります。

以前の記事でも少し書きましたが、マルチバトルで貢献度1位になると追加報酬が確定するので、単純にもらえるアイテムが増えます。

貢献度1位が確定する50%まで敵を削ってから救援に流せば、他の騎空士に1位を取らせることなく100%追加報酬をもらうことができるというわけですね。

50%まで一人で削るのが1位確定の目安

島ハードは一人で倒すのも可能なレベルかと思うので、救援を出す前に半分まで削ることを意識するとアイテムの収集効率があがります。

倒すのにかかる時間を考えるとさっさと救援だして倒してもらうの手なので、どうするかは個々人の可処分時間と判断にお任せいたします。

救援も人が入ってくれることが確約されているわけでもないですし。

マグナ武器と召喚石で編成を強化

なぜこんなにマグナマグナいっているかというと、マグナを倒すことで強化に直結する武器と召喚石が狙えるからです。

これらの武器は無課金で組む編成の核となるため、どうしてもこれを集めないと強くなれません。

当分はメインクエストをこなしながら、島ハード→島マグナと周回してこれらを集めるのが肝要です。

一番の狙い所が召喚石、ついで各属性のメインを張るSSR武器です。
あまり使えないSRやSSRもありますが、どれが出てもプラスになります。
気長に集めるようにしましょう。

石はほぼ間違いなくメインに採用されるだけの能力をもっているので、取得できたら忘れずに編成を行いましょう。

わたしはマグナ挑戦初日で幸運にもシュヴァリエマグナの石がゲットできたので、組み込んでみました。

武器に関しては

  • 火:杖
  • 水:短剣
  • 土:剣(つなぎとして杖)
  • 風:銃(つなぎとして拳)
  • 闇:拳(つなぎとして斧)
  • 光:剣(ランク120到達までは銃)

を集めるようにします。
特に闇と光は低確率なので、揃い終わるまではかなりの時間がかかります。

もう少し詳しく編成のポイントをまとめた記事を書くつもりですが、ひとまずは上記の武器がでれば大当たりという認識でいてください。

日に3回ずつ挑戦できれば、いずれかの属性で狙いが一本落ちるかどうかくらいの体感確率なので、本当に気長に行くと良いです。
超積極的に行きたい方はどんどん救援に入って収集しましょう。

負けても減るのはマグナアニマとAPだけなので、恐れず挑んでいきましょう。

総括

強くなるには一にも二にもとにかくマグナです。そのためにも島ハードと島マグナは日課として周回しましょう。

イベント等があっても、まずはこのふたつを終わらせてからイベントを回ることをおすすめします。両方できるに越したこともないのですが、自力で倒せないうちはかなり大変だと思いますので、優先順位をつけておきましょう。

自発、確定流しをすることで報酬の期待値が大きくあがるので、できる限り狙っていくと、より早く編成の強化が可能です。

他にもいくつか補足がありますので、よろしければこちらも御覧ください。

こちらもおすすめ

最序盤の攻略指針はこちら



-グラブル, 初心者向け

関連記事

プリコネコラボの解放 – 10章クリアあたり

プリコネコラボの解放と、仲間になるキャラに関してのちょっとした解説をしています。SSRキャラが少ない人は、すぐに仲間にしにいきましょう。

【アーカルムの転生周回】ディストリーム編成をちょっと解説

アーカルムの転生を高速で周回できるディストリーム編成を紹介しています。ある程度武器が揃い、SSRルナールが仲間になっていれば十分試せる範疇なので、回る必要がある人は用意しておけると時短になります。 無理して作るほどではないですが、あると便利です。

【お空の民は怖い?】あたおかエピソード

グラブルは人がおおいので、その分頭おかしい人も結構紛れ込んでいます。あんまり気にしないでプレイしていきましょう。上級者様()のお気持ちに振り回されるのは気持ち的に損なので、Twitterなどでであったらミュートしておくのが吉ですね。

初心者編成で走った古戦場所感 – 2020年11月開催

初心者編成で古戦場をはしってみた所感と、注意点をいくつか解説しています。何はなくとも騎空団で一緒に頑張れる仲間が重要だと改めて思い知りました。ぼっちだとSPバトルがめんどくさすぎます。

【超初心者向け】 四象降臨の歩き方

初めたばかりの方向けに四象降臨での目標の立て方や方針を解説しています。やることが多いの目標を定めて走るようにしましょう。はじめたてでおすすめされているアイテムを全て集めるのはかなり大変です。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール

ししくら


1年でランク230までいった暇人雰囲気騎空士。暇ついでに初心者向けのグラブル記事を書いています。推しはビカラちゃん

「グラブル何もわからん」って団をやってます。現在12名、興味ある方ご連絡ください!